お金が無いときは、お金を貸してもらう!

人間だれでも、日々の生活を過ごす中でお金が足りなくなることがあります。
収入はだいたい毎月決まった日に給料などがもらえるだけですが、支出は決まった支払いのほかにも、ある日突然お金を払う必要が出たり、お付き合いで予定外の出費がかさむこともしばしば。
そうなると、手持ちの現金や預金口座の残高が足りなくなることも。

そのときは・・・
お金を貸してもらいましょう。

消費者金融会社や、銀行などで、個人向けの無担保ローンサービスが提供されています。
一定の収入があれば、審査によりお金を借りることが可能です。正社員・正規職員だけでなく、パート・アルバイト・契約社員・自営業・主婦などのかたでも、一定の収入があるとされればお金を借りることも可能です。

無担保ローンなので、住宅ローンなどに比べると利息・金利は高めになりますが、数万円~数十万円・数百万円程度の借入であれば、それほど大きな負担にはなりません。利息の支払いも含めた、計画的な借入を心掛ければ、余程のことがない限り必要以上にお金を借りて返済に困るようなことにはなりません。

さまざまな個人向けの融資サービスが、銀行・クレジットカード会社・消費者金融会社などから提供されていますので、自分に合ったローンに申し込んでみましょう。また、審査基準は各社とも異なりますので、一箇所で融資審査が通らなくても、他の会社では借りられることも多くあります。